ブログ

若葉萌える好い季節となりました。


新緑の季節こそ運動のチャンスです!


null
新緑が照り映える最も過ごしやすい季節となりました。今回はこの季節こそ運動して、適正体重を維持するメリットについて考えてみましょう。

さて、適正体重は、“身長(m)×身長(m)×22”で算出することができます。適正体重を上回り、余分な脂肪が体内に蓄積した状態を、私たちは肥満と呼びます。それは、動脈硬化にもとづくさまざまな病気の大もとになるからです。適正体重の維持こそ動脈硬化や糖尿病の予防にきわめて大切です。

おすすめの運動メニューですが、もっとも取り組みやすいのは早朝ウォーキングです。背筋を伸ばし、おへそのやや下にある丹田の辺りに力を入れて、大きな歩幅で歩けば、脂肪が燃焼しやすくなります。また朝の光を浴びると、体内時計がリセットされ、日中の脂肪燃焼効果がさらに高まります。

二つ目は何と言っても有酸素運動の代表格、スイミングです。泳ぐのが苦手でもビート盤を使って足をバタバタさせたり、水中ウォーキングすればOKです。全身のダイエット効果が期待できます。室内プールなら日焼けや紫外線も安心です。

なお、汗をかくと水分と塩分が失われます。喉が渇いたと思ったときにはすでに脱水が始まっているので、こまめに水分を摂るようにしてください。


適正体重の維持には食事のバランスも欠かせません!


null
適正体重の維持には食事のバランスも欠かせません。ここではとくに、適正体重を維持するのにふさわしい食事メニューや方法について考えてみましょう。

一般に、30歳をこえる頃から日常の消費エネルギーが減ってくるため、知らないうちに食べすぎの状態になりがちです。カロリーの高い肉類や揚げ物なども要注意です。野菜を中心とした食事が効果的です。

野菜はカロリーが低いだけでなく、抗酸化物質である「ビタミン」や「カロチノイド(ポリフェノールの一種)」が多く含まれ、体内の油脂成分の酸化を防ぎ、動脈硬化を抑える働きがあります。とくにカボチャ、トマト、ピーマン、ニンジン、チンゲン菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜には、抗酸化作用をもつ成分が多いのでおすすめです。

血圧が高めなら塩分をひかえめに、血糖値が高めなら全体のカロリーを抑え、中性脂肪値やコレステロール値が高めなら脂質の取り過ぎに気をつけるなど、ご自身の健康状態に合わせて食事のメニューを工夫していただき、バランスのとれた食生活でぜひ健康な毎日をお過ごしください。
  
  
ページのトップへ戻る