ブログ

「腸内細菌と共に暮らす」

前回腸内環境がいかに大事かという話をさせていただきました。もう一度おさらいをしますと、生まれてから新しい敵に対応する免疫を「獲得免疫」と呼びます。皆さんがイメージしやすいのはインフルエンザや麻疹(はしか)の予防接種など原因ウィルスを弱毒化したものをわざわざ注射して再びこれらのウィルスが体内に侵入してきたときに戦う「抗体」を作るという作業です。一度はしかにかかると二度とかからないのは免疫細胞の中でB細胞が抗体を作ってくれるからです。

免疫細胞は骨髄で作られて骨髄以外の場所で生育します。その一つが小腸の粘膜上です。腸内環境が悪いと免疫細胞はうまく成育しません。
ではこの腸内環境を決めている腸内細菌はどれぐらいの種類と数があるのでしょうか?何と1,000種類100兆個存在します。私たちの体を構成している細胞の数は37兆個ですから、実に私たちの細胞数の倍以上の腸内細菌がいるわけです。

null
腸内環境を変えようと思って乳酸菌などを取るのは悪くはないのですが、それぞれの腸内細菌は互いにバランスをとって存在しています。急に外から新参者が来てもそこでは暮らせません。しかも数は100兆個です。一般の乳酸菌飲料やヨーグルトに含まれる菌の数はせいぜい50億から100億。
この数字だけ聞くとすごい数だと思いますが、既に住み着いている腸内細菌たちからすると1万分の1です。これではとうてい太刀打ちできません。
しかも個人個人この菌の種類も数も異なります。外から菌を入れるのではなく中にいる腸内細菌を与えるエサを変える(つまり食べる物を変える)ことによってバランス是正をするのが最も効果的です。

たっぷりの野菜を取るのはもちろんですが、魚、肉などバランスのよい食生活に加えて、βグルカン(ベータグルカンというブドウ糖が連なったもの)を豊富に含む越後白雪茸を乳酸菌などの善玉菌エサとして与えることで、腸内環境は徐々に改善されていきます。
ローマは一日にして成らず。毎日の積み重ねが大切ですね。

2018年11月吉日
マイコロジーテクノ株式会社
代表取締役社長 西川浩司

  
  
null 「活性酸素と腹八分」
null 活性酸素が発生しやすい生活とは?
  
  
ページのトップへ戻る