ブログ

「コーヒー好きには朗報」

私もコーヒー好きで1日3~4杯は飲みますが、このほどJournal of Internal Medicine 9月4日オンライン版に約10万5,000人のデンマーク人を平均8年間追跡した結果が報告され、1日に6杯を超えるコーヒーを飲む人は、まったく飲まない人と比べて胆石症になるリスクが約20%低いという事です。
null

研究を率いたコペンハーゲン大学病院(デンマーク)臨床生化学のA. Tybjaerg-Hansen氏は「コーヒーの摂取量が多い人は、胆石症リスクが低い可能性がある」と述べています。

《 Tybjaerg-Hansen氏らは今回、デンマークの一般住民10万4,493人を対象に、コーヒー摂取量が胆石症リスクにどのような影響を及ぼすのかを調べるため、追跡調査とメンデルランダム化の手法を用いた解析を行った。その結果、コーヒーをまったく飲まない人と比べて、1日に6杯を超えるコーヒーを飲む人は胆石症リスクが23%低かった。

なお、デンマーク人のうちコーヒーを毎日6杯以上飲む人は6%に過ぎないが、今回の研究では1日に1~2杯程度のコーヒーでも胆石症リスクは低減することが示された。コーヒーをまったく飲まない人と比べて、1日に1杯飲む人では胆石症リスクは約3%低く、1日に3~6杯飲む人ではリスクは17%低いことが分かったという。 》

null
コーヒーは従来よりがん予防など健康に良いという報告が多くありますが、コーヒーに含まれるカフェインは不整脈を増悪したり睡眠障害を起こしたりしますのでたくさん飲めばよいというものではありません。
何事も適量というのが一番良いのです。

ちなみに日本人は、ポリフェノールをコーヒーから多く摂取しているという調査結果が2014年に報告されています。コーヒーには、赤ワインと同じくらいのポリフェノールが含まれています。

しかし日本人の多くはポリフェノールの摂取不足です。コーヒーで補えないポリフェノールは、蘇りレスベラなどマイコロジーテクノ株式会社が提供する機能性食品をうまく活用してください。


2019年10月18日
マイコロジーテクノ株式会社
代表取締役社長・薬剤師 西川浩司




< 前頁へ | < 目次へ > | 次頁へ >

  
  

ページのトップへ戻る