ブログ

マイコロジーテクノ株式会社 新社長 阿部貴美 就任挨拶

 この度、先の西川浩司の後を受けて、マイコロジーテクノ株式会社 代表取締役社長に就任した阿部 貴美(たかよし)と申します。
日頃から、当社製品を愛用していただき、社員一同、心から感謝申し上げます。
null

 皆さまご存じのとおり、「奇跡のキノコ」と銘打たれ、当社が生産される「越後白雪茸」は新潟の山奥で発見された新種のキノコです。このキノコを世界唯一栽培、加工、そして製品販売をしているのが当社であります。このオンリーワンの事業内容を日本全国に広げ、さらに盛り上げていくべく、頑張っていく所存であります。皆様なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

 さて、前社長から引き継いだこの社長あいさつ、今回は阿部の自己紹介として書かせていただきます。
私、阿部 貴美(あべ たかよし)は、新潟県津川町、現在の阿賀町にうまれました。子どものころは、よくあるように田舎で嫌で、都会にあこがれていましたが、大人になってから、そこはまさに「山紫水明」の地であることを改めて実感しました。今では大好きなところです。

null
写真は旧津川町のシンボルである麒麟山の姿です。
 高校卒業後、大学進学のため、上京し、その後も主に教育関連事業にて首都圏にて15年ほど過ごしました。35の年にUターンのため、当社と深い縁のある新潟総合学院に採用されました。採用後、新たに農業分野の専門学校「新潟農業・バイオ専門学校」の設立や「新潟食料農業大学」の設立などに関わりました。農業分野、バイオテクノロジー分野の業界とのつながりと知見を得ることができ、この縁がきっかけとなり、当社マイコロジーテクノ株式会社の専務取締役に就任し、その後、西川の後継として代表取締役社長に就任いたしました。

 前社長とは異なり、私は学生時代には哲学を専攻しております。健康や食生活について思想的な視点から考えることに関心がございます。このコロナ禍で、人間の生活も考え方も大きく変わりました。また、当社が取り扱う「越後白雪茸」への関心も高まってきています。こういった状況の中で、当社が考えるべきこと、また、皆様に提供できる情報を私なりに反芻し、お伝えできればと考えております。まずは、これにて阿部の自己紹介を兼ねた社長挨拶の筆をおきます。
今後とも当社製品ともども、なにとぞよろしくお願いします。

 越後白雪茸製品と共に、元気で健康豊かな毎日をお過ごしください。

2020年9月15日
マイコロジーテクノ株式会社
代表取締役社長 阿部 貴美

  
  
  
ページのトップへ戻る